shineriポケット

やりたいことが多すぎる。

アメリカの7博物館における日本美術展示風景

どうもshineriです。2018年もあと20日くらいしかありませんね。さて、今回はアメリカの博物館(美術館含む)における日本美術の展示風景を紹介してみたいと思います。

 

1.シアトル美術館

先日、仕事でアメリカのワシントン州に行く機会がありました。初めての西海岸。ゲーム「ライフ・イズ・ストレンジ」の雰囲気を思い出してワクワクしたものの、怒涛の毎日で観光どころではありませんでした。しかし幸運にもシアトル美術館(略称SAM)に行く機会を得られたのです。シアトル美術館には小さいながら日本美術の展示コーナーがあり、茶室を再現した模型がありました。

f:id:shineri-pocket:20181209192836j:plain

シアトル美術館の茶室模型

↓茶室内には茶道具を置いている。

f:id:shineri-pocket:20181209193100j:plain

シアトル美術館の茶室内部

↓日本美術コーナー全体。屏風は保護ガラスなし。

f:id:shineri-pocket:20181209193427j:plain

シアトル美術館の日本美術展示

www.seattleartmuseum.org

このシアトル美術館の、特に茶室再現を見て、そういえばアメリカのミュージアムはこういう雰囲気で日本美術を展示しているんだった……と記憶がよみがえりました。
2011年の夏、大学生だった私は、友人と2人でアメリ東海岸方面の博物館をめぐりました。

その旅のことを私はアメリカ版古美術研究旅行と呼んでいます。

お金がないのでユースホステルを渡り歩き、アムトラックやバスなどの公共交通機関を駆使した、今思えばよくやったなぁと感心する旅でした。初っ端から羽田→ニューヨーク航空便がハリケーンで飛ばなくなり、なぜかハワイを経由するというトラブル起きまくりの思い出深い旅です。

その旅で見たアメリカの各博物館の印象深い日本美術展示を思い出したので、過去の写真フォルダを漁り、紹介してみます。

※注:下記はすべて2011年夏の写真です。

 

2.メトロポリタン美術館(ニューヨーク)

まずはニューヨークの巨大なミュージアムメトロポリタン美術館(略称MET)です。ここはとにかく大量の物がひしめき合っているという印象で、西洋絵画や彫刻はもちろん、エジプトやアフリカ美術のほか、家具や楽器、武器など多岐にわたる展示品があります。日本美術に関しては、エジプト美術のような大きなコーナーはなく、陶磁器・楽器・武器などのコーナーに日本美術があるという感じ。

f:id:shineri-pocket:20181209202159j:plain

メトロポリタン美術館(陶磁器コーナー)

f:id:shineri-pocket:20181209202455j:plain

メトロポリタン美術館(楽器コーナー)

f:id:shineri-pocket:20181209200853j:plain

メトロポリタン美術館(武具コーナー)

↑の武具コーナーには、↓のような甲冑も並んでました。

f:id:shineri-pocket:20181209202933j:plain

メトロポリタン美術館(甲冑)

The Metropolitan Museum of Art

 

3.アメリカ自然史博物館(ニューヨーク)

この博物館は、動物の剥製と各国の民族文化を展示しています。日本の国立科学博物館国立民族学博物館が合体したような印象。ここの日本コーナーは独特の雰囲気があり、最も記憶に残っています。

f:id:shineri-pocket:20181209204442j:plain

ニューヨーク自然史博物館(日本コーナー入口)

f:id:shineri-pocket:20181209204620j:plain

ニューヨーク自然史博物館(日本文化1)

f:id:shineri-pocket:20181209204819j:plain

ニューヨーク自然史博物館(日本文化2)仏壇!

f:id:shineri-pocket:20181209205022j:plain

ニューヨーク自然史博物館(日本文化3)神道

なかなか日本では見られない展示でした。個人的には妖怪じみた根付などが展示されていて嬉しかったです。

f:id:shineri-pocket:20181209205745j:plain

根付(解説には'HACHISUKE'とあった)

f:id:shineri-pocket:20181209205903j:plain

↑は渡辺綱かな。 

www.amnh.org

 

4.ブルックリン美術館(ニューヨーク)

ブルックリン美術館は、西洋・アメリカ・アフリカ・エジプト美術のほかに、アジア圏の美術が充実していました。METとは違い日本美術の展示コーナーが設けられており、その展示にはこだわりが感じられました。

f:id:shineri-pocket:20181209211759j:plain

ブルックリン美術館(複数室にわたる日本美術展示室)

f:id:shineri-pocket:20181209212220j:plain

ブルックリン美術館(和風な雰囲気の展示ケース。中は畳敷き。)

f:id:shineri-pocket:20181209212711j:plain

ブルックリン美術館(茶碗や掛軸)

f:id:shineri-pocket:20181209212820j:plain

ブルックリン美術館(突然の石燈籠)

展示ケース内に畳を敷いていることから分かるように、物だけではなく文化の雰囲気も含めて教えてくれる展示です。きれいめな日本感があり、好きです。

www.brooklynmuseum.org

 

ニューヨークではこのほかにグッゲンハイム美術館、フリック・コレクション、MoMAなどに行きました。写真が残っていなかったのですが、MoMA三宅一生中西夏之の作品、玩具の「もじバケる」が展示されていました。

 

5.フィラデルフィア美術館

映画「ロッキー」で主人公がトレーニングをしている巨大な階段はこのフィラデルフィア美術館前にあります。この美術館の日本美術は建築分野がすごい!

例えばこれ……↓

f:id:shineri-pocket:20181209215013j:plain

実は室内なんです!

 

f:id:shineri-pocket:20181209215106j:plain

f:id:shineri-pocket:20181209215154j:plain

f:id:shineri-pocket:20181209215322j:plain

美術館の中に実物大の建築が並ぶ空間……。日本の江戸東京博物館や深川江戸資料館のような再現です。この大掛かりな展示には驚きました。

f:id:shineri-pocket:20181209215816j:plain

フィラデルフィア美術館

↑のように仏教美術も寺院内のような雰囲気を出すために柱まで作り込んでいました。

www.philamuseum.org

 

6.フリーア美術館(ワシントンDC)

ワシントンDCのスミソニアンにあるフリーアギャラリー(美術館)は、アジア美術が充実しており、日本美術の良質なコレクションがあります。

f:id:shineri-pocket:20181209230804j:plain

フリーア美術館(日本美術展示室)

f:id:shineri-pocket:20181209231025j:plain

f:id:shineri-pocket:20181209231323j:plain

f:id:shineri-pocket:20181209231445j:plain

↑いくつか見かけた額装された掛軸。この方が扱いやすいかもしれない。

f:id:shineri-pocket:20181209231745j:plain

仏教美術も充実。奥に座しているのは快慶の仏像。私は運慶より快慶が好きです。

f:id:shineri-pocket:20181209232427j:plain

アーチ下の金剛力士もなかなか。

Front Page | Freer|Sackler

 

7.ボストン美術館

最後はボストン美術館(MFA)です。かつて岡倉天心が働いていた美術館で、モース、フェノロサ、ビゲローが持ち帰った日本美術をたくさん収蔵しています!

f:id:shineri-pocket:20181209233904j:plain

ボストン美術館(日本を意識した展示室内装)

f:id:shineri-pocket:20181209234207j:plain

f:id:shineri-pocket:20181209234329j:plain

ボストン美術館(お堂の中のような展示室)

f:id:shineri-pocket:20181209234515j:plain

ボストン美術館(茶道具と着物の展示室)

また、ボストン美術館には天心園という日本庭園があります。

f:id:shineri-pocket:20181209235046j:plain

天心園

上の写真を見て分かる通り、枯山水がボコボコに乱れていました。誰か間違って歩いてしまったのかと思っていたら、野ウサギがぴょんぴょん歩いているのを発見。ウサギの足跡だったようです。

www.mfa.org

○ ○ ○
以上、シアトル美術館も含めると、7つの博物館における日本美術の展示風景を紹介しました。全体を通して言えるのは、日本美術を展示する際にケースや展示室内装も日本風に色々と工夫しているということでしょうか。

しかしこれは日本美術の分野に限ったことではなく、アメリカの美術館では展示環境をかなり作り込んでいるようです。

例えばこんな風に↓

f:id:shineri-pocket:20181210000129j:plain

ボストン美術館

f:id:shineri-pocket:20181210000616j:plain

メトロポリタン美術館

こうして見ると、展示室のしつらえというのは美術鑑賞する上で重要ですね。工夫すると、作品が背負っている文化や世界観が体感しやすくなるかもしれません。

ではでは、shineriでした。

 

shineriプロフィール

学芸員(美術)のお仕事をしています。それ以外にも個人研究や趣味を色々やっております。八戸学芸員倶楽部のオバケ妖怪・おちゃらけ担当。※注:当ブログでの発言はすべて個人的なものです。

八戸市新美術館の開館が楽しみすぎてマイクラで建築しちゃいました

どうもshineriです。

平成32年度末に開館予定の八戸市新美術館。準備は大変ですが、完成がとても楽しみ。しかし平成32年度末って、2021年……?まだ3年もあるなんて待てない!

ということで、楽しみすぎて待てないので、勝手に八戸市新美術館を建築しちゃいました。そう、マインクラフトの世界で。

f:id:shineri-pocket:20181009202846j:plain

完成したマイクラ八戸市新美術館

ちなみに↓が正式な完成予想図です。

f:id:shineri-pocket:20181009205029j:plain

八戸市新美術館完成予想図(https://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/12,114926,43,242,htmlより引用)

※注:このマインクラフトのマップは、ファンである個人の趣味として制作したものであり、関連団体等から宣伝の依頼を受けて作ったものではありません。

 

総制作時間18時間。クリエイティブモードでのガチ建築は初めてで、試行錯誤しながらの建築でした。

なお、八戸市HPの下記リンク先でも公開している「八戸市新美術館建築工事基本設計概要版」に掲載されている建築図面等を参考にしました。

八戸市 - 八戸市新美術館建設工事基本設計の概要について

 

建築を始める前に設定したのがスケール感。マイクラの世界では、"2マス=身長"です。私の身長は約150cmなので、"2マス=1.5m"と設定しました。

f:id:shineri-pocket:20181009205840j:plain

サイズが決まったら、図面を見ながら基礎となるブロックを慎重に置いていきます。基本的な構造の部分には、白いコンクリートブロックを使います。

f:id:shineri-pocket:20181009210155j:plain

最初に大きさを間違うと大変なので、時々上からも確認。黒いのはブラックキューブという黒い部屋です。

f:id:shineri-pocket:20181009210412j:plain

だいたい図面通りの基礎が完成!

f:id:shineri-pocket:20181009210525j:plain

作った基礎を目印にブロックを重ね、壁を作っていきます。

f:id:shineri-pocket:20181009210756j:plain

天井にはハーフブロック敷きつめて。

f:id:shineri-pocket:20181009211106j:plain

いい感じに柱や壁が立ち上がってきました。右上の天井のある部屋がメインの展示室"ホワイトキューブ"です。

f:id:shineri-pocket:20181009211327j:plain

大きな創造空間となる"ジャイアントルーム"の高い屋根も立ち上げました。しかし大変なのはここからだった……。

f:id:shineri-pocket:20181009211540j:plain

えっ、暗!!(マイクラだけに)

f:id:shineri-pocket:20181009211743j:plain

↑は右上のホワイトキューブの中。天井を作ったせいで真っ暗です。思わずレッドストーントーチをたくさん置いてしまい怪しげな雰囲気に。こんなムーディーな展示をしたら面白そうですが、それにしても暗すぎます。よくある光源ブロックとして松明があります。が……!展示室は火気厳禁だ!!

そこで考えた対応策が、光るグロウストーンを、光を透過させるハーフブロックで覆って明かりを確保する方法。

f:id:shineri-pocket:20181010192600j:plain

当初の計画以上に大変な作業となり、途中で何度も諦めるかどうかの脳内会議を開催しました。

 

床はすべて掘り下げ、グロウストーンを敷きつめまくる。

f:id:shineri-pocket:20181009213604j:plain

 ハーフブロックで覆いまくる。

f:id:shineri-pocket:20181009213709j:plain

天井も同様である。

f:id:shineri-pocket:20181009213846j:plain

全てをこんな風に。

f:id:shineri-pocket:20181009214034j:plain

しかしこの試みのおかげで暗かったホワイトキューブがこんなに明るくなりました。やった努力が反映される、マインクラフトのいいところ。

f:id:shineri-pocket:20181009214206j:plain

引き続き明かりの確保を意識しながら建築。1階部分の形が見えてきました。

f:id:shineri-pocket:20181009214415j:plain

2階部分の部屋も作り、ジャイアントルームにハイサイドライトを取り入れるガラスを貼りました。右側に大きく張り出している壁は収蔵庫部分です。

f:id:shineri-pocket:20181009214619j:plain

内装もこだわりました。事務室は灰色のカーペットを敷いたり。

f:id:shineri-pocket:20181009214835j:plain

収蔵庫の大扉は、濃い灰色ブロックと鉄格子でそれらしい雰囲気を作り、

f:id:shineri-pocket:20181009214953j:plain

作品用大型エレベーター内はレバーやボタンで再現。扉は上から下がるタイプです。

f:id:shineri-pocket:20181009215121j:plain

・・・・・・ 

そして、ついに完成!!!!!!

f:id:shineri-pocket:20181009215249j:plain

f:id:shineri-pocket:20181009215423j:plain

ご覧ください、夜でもこんなに明るく輝いています!!

さあ、早速ジャイアントルームに入ってみましょう。おお、天井が高い!クリーパーやスケルトン、馬まで楽しそうにしています。

f:id:shineri-pocket:20181009215544j:plain

ホワイトキューブに絵を飾ってみたら早速クリーパーが見にきました。

f:id:shineri-pocket:20181009215718j:plain

こんなに大きな絵を何枚も飾れます。

f:id:shineri-pocket:20181009215855j:plain

続いて小さめのギャラリースペース。展示台の上にこんなオブジェを飾ってみました。

f:id:shineri-pocket:20181009220020j:plain

ガラスの展示ケースの中には掛軸や着物を展示。

f:id:shineri-pocket:20181009220211j:plain

小さめの絵を掛けて、じっくり鑑賞できるような展示も。

f:id:shineri-pocket:20181009220344j:plain

このワールドでどんな展示をするか考えると楽しいかも!? 

長らく取り組みたくてうずうずしていた、マインクラフトで八戸市新美術館を建築するという試み。予想以上の作業量でしたが、非常に大きな達成感を得られました。

まだ見ぬ八戸市新美術館をこうして自分の手で作ることができ、ますます新美術館オープンが待ち遠しくなりました。

f:id:shineri-pocket:20181009220543j:plain

ではでは、また次の投稿でお会いしましょう!shineriでした。 

美術館の建築費用しらべてみた

美術館の建築費用をしらべてみました。

現在青森県八戸市で新美術館の建設準備が進められていることもあり、関心があったのでしらべました。

私は2年半ほど前に初めて学芸員として採用され、八戸市美術館で働くことになりました。しかし、職場を訪れた初日に「あと1年で閉館するよ」と言われて多少なりともショックを受けました。まったく知らなかったからです。

あれから美術館は閉館し、今はもう建物もありません。

f:id:shineri-pocket:20181006133152j:plain

八戸市美術館跡地

ほぼ同じ場所に八戸市新美術館が建設予定であり、現在その準備が進められています。

それにしても美術館を作るのはお金がかかりますね……。ということで、他の美術館はどのくらいの費用で建てられたのか気になり、調べてみました。

f:id:shineri-pocket:20181006143227p:plain

美術館建築工事費リスト

※注:①まだ建物ができていない東広島市立美術館、八戸市新美術館、鳥取県立美術館の工事費や面積、開館年は今後変わるかもしれません。②主に各地方自治体ホームページ等で公開している文書をもとにリスト化しました。

 

まず費用を左右するのは、その建物の大きさ(床面積)。くわえて、どのくらいのスペックの設備にするかによっても大きく変わってきます。

例えば十和田市現代美術館はとてもお安く建てられていますが、これは収蔵庫がなく、現代アートの展示を中心にしているからだと推測できます。収蔵庫は美術作品を可能な限り劣化させないよう保存するために、温湿度を一定に保つ必要があり、これに費用がかかります。これは展示室も同様です。しかし現代アートのみを展示するのであれば、生きている作家に直接手直ししてもらうこともできますし、厳密な空調管理はそれほど必要ないということで、他の美術館よりもスペックを落としているのではないでしょうか(あくまで推測です)。

そういえば滋賀県で改修・新棟建設が予定されていた新生美術館は、予算内で建設工事を請け負う業者が決まらず、一度計画が白紙に戻されたそうですね。

滋賀県立新生美術館計画、白紙へ。現行の「近代美術館」として再オープンの方針を固める|MAGAZINE | 美術手帖

2者参加も不落/県立近代美術館増築その他工事/滋賀県 | 建設ニュース

東京オリンピックが決まってからというもの、東京での建設工事ラッシュのせいで資材が高騰しているという噂もありますし、限られた財源の中で美術館を建てるのはなかなか難しい状況なのかもしれません。

美術館は特殊な専門施設ということもあり、建てるにはどうしてもお金がかかってしまいます。特に都道府県市町村が整備する場合は、助成金を活用して建てるにしろ少なからず税金を使うわけですから、それぞれの身の丈と目的に見合ったものを建てるように心がけたいですね。

 

リスト掲載美術館HP

金沢21世紀美術館

青森県立美術館

十和田市現代美術館

大分県立美術館

富山市ガラス美術館

富山県美術館

東広島市立美術館

八戸市新美術館

鳥取県立美術館

shineriプロフィール

学芸員(美術)のお仕事をしています。それ以外にも個人研究や趣味を色々やっております。八戸学芸員倶楽部のオバケ妖怪・おちゃらけ担当。※注:当ブログでの発言はすべて個人的なものです。

最近見た幽霊画の話(八戸学芸員倶楽部勉強会)

最近、幽霊画をたくさん見ています。

幽霊は視ませんが、幽霊画はよく観ます。 

現在、個人研究として幽霊画をとりまく環境を調査しているのです。

先週、八戸学芸員倶楽部の勉強会で現在の調査状況を報告し、他の学芸員さんからアドバイスや興味深い情報提供をいただきました。

f:id:shineri-pocket:20181002192629j:plain

勉強会発表タイトル

私が所属している八戸学芸員倶楽部は、八戸市内の学芸員が有志で結成した集まり。市内の学芸員がそれぞれの専門分野や館をこえて互いに研鑽しようと2017年に結成しました。私も初期メンバーの1人で、勉強会(約2ヶ月に1回開催)で発表するのも2回目。このほか、八戸ブックセンターでブックトークショーを開催するなどして活動しています。

勉強会には、歴史や考古、民俗、美術など様々な分野の学芸員が参加しているため、毎回、自分だけでは気付けなかったことを色々と教えてもらっています。

 

さて、今回の発表では、弘前市八戸市大慈寺、大阪の大念佛寺遠野市の4箇所でみてきた幽霊画や、各土地の様子を発表しました。

弘前市ではギャラリー森山でゆうれい展を拝見し、「お化けを守る会」の情報を色々と得ることができました。

f:id:shineri-pocket:20181002201801j:plain

ギャラリー森山

また、八戸市大慈寺では、八戸市を代表する日本画家・橋本雪蕉の筆と伝わる《幽霊絵図》を調査!お盆の時期だけ展示しているそうで、間近でじっくり調査させていただきました。

大阪の大念佛寺では、1年に1日(8月第4日曜日)しか公開されない幽霊画12点を目撃。

f:id:shineri-pocket:20181002200537j:plain

大念佛寺 幽霊画拝観待合所

さらに、遠野市立博物館八戸市と縁深い遠野の文化や歴史を感じ、特別展「遠野物語と河童」を観たり、河童淵で河童を釣ってきたりしました。

f:id:shineri-pocket:20181002200805j:plain

特別展「遠野物語と河童」

f:id:shineri-pocket:20181002201512j:plain

遠野市某所

幽霊画を見て、気づいたことや考えたことがたくさんありましたが、それはまた次の機会にお話しましょう。

 

shineriプロフィール

学芸員(美術)のお仕事をしています。それ以外にも個人研究や趣味を色々やっております。八戸学芸員倶楽部のオバケ妖怪・おちゃらけ担当。※注:当ブログでの発言はすべて個人的なものです。

ブログ、始動。

はじめまして、shineriです。

前々からトライしたいと思っていたブログをついにはじめました。ついでにtwitterアカウントも作りました。

ここ1年くらい、正式なお仕事とは別に個人研究や趣味的なものなど「やりたいこと」が増えていました。しかし、忙しさに追われ、また休日のダラダラしたさを抑えられず、まったく実行できていませんでした。膨らむのは頭の中の妄想ばかり。ブログもその「やりたいこと」のひとつでした。

このたびやっと重い腰をあげ、ブログを始動させてみました。やがて飽きるでしょうが、いつまで続くのかは楽しみです。

それにあたり、まずはアイコンとヘッダーを作ってみました。

f:id:shineri-pocket:20180930165748p:plain

shineriアイコン

f:id:shineri-pocket:20180930185745j:plain

ヘッダー画像

ドット絵制作と画像編集のアプリで作りました。

アイコンは自画像です。

ヘッダー右の絵は植木鉢ではなく、ポケットに鉛筆と絵筆です。

この他にも私のポケットには道端で拾った滑らかな石や、ダンゴ虫や魚の目玉やクリアなBB弾が入っています。それらを大切にとっておいて、ポケットの中身を少しずつ紹介したいなと思っています。

 

shineriプロフィール

学芸員(美術)のお仕事をしています。それ以外にも個人研究や趣味を色々やっております。八戸学芸員倶楽部のオバケ妖怪・おちゃらけ担当。※注:当ブログでの発言はすべて個人的なものです。